【埼玉県】個人事業 2社間ファクタリングの事例

こんにちは
今日は、個人事業様の2社間ファクタリングの事例のご紹介です。
ファクタリング東京様に協力をしていただき文章を書いております。
朝早く電話がかかってきました。
埼玉県で個人事業を行っているA社長様です。
Googleで検索をして弊社を見つけたと聞きました。
ご相談内容は、下記のとおりです。
■相談を受けた日
1月20日
■相談内容
取引先と業務委託契約を結んでいます。
契約における支払いサイクルは、月末締めの翌々月20日となっております。
過去に何度も取引をしていますので、20日入金の履歴が多数あります。

現在、12月分として、955,000円の売掛金があり、1月分として、約1,250,000円の売掛金が発生する予定だとのことです。
そこで、12月分と1月分の売掛金を全額すぐに買いとって欲しいとの相談内容でした。
売掛先は、資本金1000万円の中小企業様でした。
■回答
まずは、売掛金の定義ですが、
簡単に言うと、商品等を販売して「まだ払ってもらっていない代金」です。
そのため業務が完了していない1月分の売掛予定に関しては、2月にならないと買取できない旨を伝えました。
12月分の売掛金は、まったく問題ありませんので、すぐに審査に入るので必要書類を送るよう依頼しました。
■審査
審査においては、下記の点をチェックしています。
・過去6ヶ月、期日どおりに売掛先からちゃんと入金されているか。
・他のファクタリング会社との取引の有無
・資料提出までの時間(通常数日程度)
などなどです
■審査結果
こちらのお客様に関しては、見事に審査合格
特段の問題は無かったようです。
※)審査のポイントは、売掛先の経営状態が重要になってきますので、しっかりした売掛先だったんだと思いますとの事でした。
■契約
契約は、実際にお客様の事務所へ担当者が訪問します。
日本全国どこでも行きます。とのことでしたので、心強いです。
契約が終われば、担当者が会社へ連絡して、即日、買取(実行)になります。
■ポイント
○3社間ファクタリングを進めたのですが、やはり、相手先からの心証を考慮して、結果、2社間ファクタリングになりました。

○審査にあたって書類を揃えるのに2日ほど時間がかかりました。

○ちゃんと、過去に支払実績があったので審査もスムーズに進みました。

○申し込みから3日で実行まで進みました。

○ファクタリングの利点のもう1つは、実行までのスピードだと思います。

上記のような案件も弊社は迅速に対応させて頂きますので、ぜひ、お問い合わせください。

ファクタリング東京の事業資金

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です